100【Beauty TIPS】(Featured Article) マスクを取ってもキレイな夏メイクを保つコツ

新型ウィルスの影響で今年はマスクを着用しての外出機会が多くなりましたね。せっかくキレイにメイクして出かけても食事の時などにマスクを外すとメイク崩れが・・マスクにメイクがべったり・・なんてことがありませんか?汗や皮脂で更にメイク崩れがしやすくなり、今多くの女性の悩みの種となっています。今回は、マスクを外してもキレイなメイクを保つコツをご紹介します。

マスク+メイク崩れ の原因

①湿気

梅雨から真夏にかけては湿度が高くなります。それにより毛穴が開き、皮脂が出やすくなりメイク崩れしやすくなります。マスクをしていると呼吸がマスク内にこもることで、マスクの中がより高温多湿状態となります。

②マスクによる擦れ

マスクが顔に触れている部分は、マスクが擦れることによりメイクが崩れます。また、マスクにメイク付いてしまう原因にもなります。

③乾燥

日本の夏は高温多湿により、お肌がインナードライになりやすい時期です。お肌の内部が水分不足になると、乾燥を防ぐためにお肌はどんどん皮脂を出してしまいます。

④季節の変化による肌代謝の変化

夏は、カラダの代謝が促進されます。その結果、皮脂の分泌が過剰となり、今までと同じ化粧品を使用したりケアをしているのに、急に崩れやすくなったり肌調子が悪くなってしまったと感じてしまいます。

キレイなメイクを保つコツ

①朝クレンジングをする

この時期は朝起きた時に皮脂テカリが気になる人も多いのではないでしょうか。夜のうちに分泌された皮脂は日中のメイクには不要なものです。しっかり落とさないとメイク崩れの原因になったり、酸化して肌トラブルの原因にもなります。洗顔でも皮脂は落ちますが、特に皮脂が分泌されやすく酸化しやすいこの時期は、朝クレンジングをして綺麗に皮脂を落としましょう。

②乳液を活用する

高温多湿状態で肌はインナードライが起きやすくなります。マスクをしていると更にその状態が悪化し、マスクを外した時に肌は水分を失い乾燥します。乳液は肌の水分と油分バランスを整えてくれるので、インナードライを改善してくれる効果があります。この時期は普段より多めに乳液をつけたり、乳液をたっぷり含ませたミルクマスクをするなどして活用しましょう。

③カラー下地で立体感をつくる

普段はチークなど色物を使って立体感を演出するメイクですが、マスクによる擦れでチークなども崩れやすくなってしまい、マスクを外した時には色味がなく顔色が悪く見えやすくなってしまいがちです。マスク着用の時は、カラー下地を使って血色・立体感をつくりましょう。頬にはピンク、Tゾーンにはパープル、目の周りにはグリーンの下地を使うと立体感とメリハリが出て、マスクを外しても明るい顔を演出できます。

③ベースメイクはNOファンデーション

ファンデーションの厚塗りはメイク崩れの大きな原因に。この時期は、気になるところだけコンシーラーで整える程度にした方が1日中キレイなお肌を演出できます。コンシーラーを使用するポイントは、小鼻の脇、口角、目の下など赤みやくすみで顔色が悪く見えやすくなってしまうところに。また、シミやニキビなどにも使用しましょう。コンシーラーの上から薄くフェイスパウダーをつけて透明感と清潔感のある肌に仕上げます。

④綿棒とふき取り化粧水を用意する

マスクによる蒸気でアイメイクも崩れやすくなります。そんな時は綿棒にふき取り化粧水(ウォータークレンジング)を含ませ、ふき取ると崩れた部分をキレイに取ることが出来ます。

⑤口紅はマットタイプかティントタイプを

口紅はもともと唇を乾燥させないように油分が多くできています。また、マスクがどうしても付いてします部分でもあるため、落ちやすくなってしまいます。口紅はマスクを外した時、もしくは外す直前でつけることがオススメ。また、グロスタイプよりもマットタイプやティントタイプの口紅を使用した方が、マスクに色うつりせず綺麗に保てます。

まとめ

私たちの生活の一部となり、外出時の必需品となったマスク。ちょっとしたコツでマスク着用の生活を楽しめるようになります。マスクをしていても、どんな時でもキレイなメイクを保って貴重な外出時間を楽しみましょう。ぜひお試しください!

095【Beauty TIPS】(Featured Article)テレワークでも役立つ美容方法

新型ウィルスの影響で新しいライフスタイルが推奨され、仕事も在宅ワークやオンライン会議などを行う機会が増えた人も多いと思います。

そんな時、カメラに映る姿を見て「おや?」と思った人もいるのではないでしょうか?自宅にいるからコンサバすぎるメイクは変だけど、画面の向こうには上司や同僚がいるから、きちんと仕事している姿は見せたい…。
今日は、在宅ワークを頑張るあなたに、カメラの映りを良くする美容ポイントをお教えします!

オンラインMTGなどで、映りを良くするポイントは3つ!

point①血色感

point②輪郭感

point③ツヤ感

①血色感

カメラ越しだと、光や調光の加減で色味が消えてしまい血色悪く見えてしまいます。

・アイシャドウやチーク、口紅など色がつくものをしっかり使用する

これだけでも、顔にしっかり色味が付き、元気で若々しい印象の顔に映ります。
チークやリップには、赤みが強いものを使用すると良いでしょう。

②輪郭感

同じくカメラの調光の加減によって、色味だけでなく陰影もぼやけて映ってしまいがちです。ここで大切なのが、顔やパーツの輪郭をメイクでしっかり整えること。

・眉を描く

・顔の輪郭に沿ってシェーディングを入れる                       

・アイライナーを描く

顔の輪郭がしっかり整うことによって、スッキリとした印象になり画面越しでも「きちんと感」が出ます。また、輪郭を出すことによって小顔効果も期待できます。

③ツヤ感

いきいきと仕事している印象を出すには、やはりお肌のツヤ感が大事です。 いつものスキンケアで保湿をしっかり行い、メイクが仕上がったら、再度化粧水をお肌に適量つけましょう。お肌によりツヤ感が出てカメラの光をツヤツヤと反射する綺麗なお肌を演出してくれます。
ミスト化粧水ほか、ツヤ感を出してしっかり保湿を叶える美容オイルなどの使用もおすすめです。

また、パソコンの前に長時間座っているとブルーライトによる刺激も受けやすくなります。お肌が保湿され潤っていると、外的刺激を受けにくくなりお肌トラブルも起きにくくなり、美肌を保つことが出来ます。

番外編:テレワークメイクでやらなくても良いこと

①ファンデーション

カメラの調光によりお肌の色味や粗はほとんど見えないので、ファンデーションは塗らなくてもある程度大丈夫です。血色を良く見せることのほうがポイントなので塗るとしても薄付きか、お粉をはたく程度にしましょう。

②マスカラ

パソコンやタブレットなどの位置によっては、斜め下から顔を映すことが多いのではないでしょうか。できるだけPCなどは台などの上に置いてできるだけ高いところから移すことがポイント。さらに、目の下の影をつくらないように、マスカラは塗らないほうがオススメです(特に下まつげ)。ただ、ビューラーでまつげを上にあげ、クマにみえてしまう影をださないようにしましょう。
クマが気になる人は、コンシーラーもしっかり使っていきましょう。

家にいることが多くなるとメイクをしない機会も増えますが、メイクをすることによって仕事へのモチベーションが高まりますし、こんな時だからこそメイクで明るい表情や気持ちをデザインすることが大切だと思います。  

ぜひ、ご紹介したポイントを踏まえ楽しい在宅ワークの時間をお過ごしください。

                                                          

文:beaute d’Or編集部

086【Specialist Column】(by長井美有紀)新しいパーソナライズの形になる?~ファンケルイベントレポート~

昨今業界をにぎわす「パーソナライズコスメ」。資生堂のOptuneを皮切りに、各社が様々なパーソナライズを提供し始めていますね。

img_9220

タイムリーに昨日こちらのイベントに参加し、ファンケルの新しいパーソナライズコスメに触れてきました。 “086【Specialist Column】(by長井美有紀)新しいパーソナライズの形になる?~ファンケルイベントレポート~” の続きを読む

083【Specialist Column】by長井美有紀 『幹細胞コスメ注目の最新事情』

1月31日~2月1日に幕張メッセで開催されていた化粧品開発展に行ってきました。国際化粧品展なども同時開催している国内最大級の業界向け展示会です。
専門セミナー受講などがいつも主な目的ですが、オーガニックエリアやその他仕事で必要な情報の収集に行っています。今回はその中でも特に気になった最新事情をご紹介します。 “083【Specialist Column】by長井美有紀 『幹細胞コスメ注目の最新事情』” の続きを読む

073【Beauty TIPS】(Featured Article) 新トレンド“カスタムメイドコスメ”はライフスタイルの新しい価値を生み出すワンランク上のメソッドへ

067の記事では、昨今トレンドになりつつあるパーソナライズド・ビューティーについて紹介した。
肌診断アプリや次世代美容家電など美容×テクノロジーが登場しているが、美容・化粧品の本来のメソッドからすると、美容賢者である本サイト読者とっては、すでに自分(の肌)を知っている・機械に頼らず自分で選定できることから、それはあくまでも便利ツールの一つに過ぎないだろう。 “073【Beauty TIPS】(Featured Article) 新トレンド“カスタムメイドコスメ”はライフスタイルの新しい価値を生み出すワンランク上のメソッドへ” の続きを読む

068 【Specialist Column】 by尾﨑冨美 『MakeUp in Los AngelesとLuxe Packのコラボ、B to B向け展示会現地レポート』

私達が常日頃、何気に使っている基礎化粧品やメイク品の数々。その箱や容器、色、デザイン、パレットの形や材質に気を留める機会がなかなか無いと推測する。然し、我々が化粧品を選ぶ決め手として、使用感やブランドの知名度、口コミなどが大切である以上に、実は第一印象を飾る容器やパッケージングにも、購入へ結びつける要素が十分にあるに違いない。

 

今回は化粧品業界の裏の裏を探るべく、今年で3回目を迎えるB to B向け展示会のMakeUp in Los Angelesと、初登場のLuxe Packが合体し、ロスアンゼルス空港から北へ20分のサンタモニカ市にあるBarker Hangar展示会場へ足を運んだ。

  “068 【Specialist Column】 by尾﨑冨美 『MakeUp in Los AngelesとLuxe Packのコラボ、B to B向け展示会現地レポート』” の続きを読む

067【Beauty TIPS】(Featured Article) 業界で話題沸騰中の「パーソナライズ・ビューティー」に迫る!

スマートフォンなどの普及によりメディアもマスからモバイル、つまり”パーソナル”へ移行してきたことなどを背景に、新しい美容の追求方法として話題を呼んでいるのが、「パーソナライズ・ビューティー」だ。そもそも、コミュニケーション手法としての“パーソナライズ”、つまり、情報をパーソナルに届けるために、化粧品サイトのモバイル化やアプリ開発といったことは、化粧品マーケットでも既に浸透している。最近では、斬新な「パーソナライズ・ビューティー」の波が押し寄せている。

パーソナライズ.jpg
(パーソナライズ・ビューティーのイメージ (C) beaute d’Or)

“067【Beauty TIPS】(Featured Article) 業界で話題沸騰中の「パーソナライズ・ビューティー」に迫る!” の続きを読む