080【Specialist Column】by長井美有紀『オーガニックライフスタイルEXPOで見つけたワンランク上のビューティーエッセンス』

当サイトでも告知・協賛されていた第3回目となるオーガニックライフスタイルEXPOが、今年も開催。国際フォーラムにて9月23日・24日に行われ、オーガニックで叶えるライフスタイルを提案する企業や一般に好評だったようです。今回は、初日に参戦して気になったトピックスをシェアしていきます。

コスメ関連のブースで目をひいたのが、日本で古来よりキレイのバランスを整える和漢・月桃を基調としたスキンケアシリーズ「Moon Peach」。沖縄原産の月桃を採用するなど国産開発にこだわったシリーズです。
img_7996
オーガニック認証があるわけではありませんが、ナチュラルに徹底的にこだわり、ローション・オイル・バームのシンプルケアで、肌をやさしく包みます。
img_7997
個人的には漢方がよく合うので月桃のハーブのパワーや、木製のパッケージであることも非常に興味深い要素でした。パッケージは北海道の樹木を採用しているとのことで、遮光の効果をさらに高めて、外見も中身もナチュラルにこだわったことも魅力です。
いつも述べていることですが、認証の有無をステイタスとすることよりも、その根本となる概念や背景となるストーリーが大事ですよね。自分自身の“ワンランク上”にピッタリな内容でした☆

img_7999
オーガニックライフスタイルEXPOでは、マルシェのように有機農産物に触れることが魅力。一般の方は購入されている方が多く目立ちました。
このエリアの手前に、目立ったのがこちらのブース。
img_8001
ついに、ネスカフェもオーガニック!
ネスカフェのゴールドブレンドは毎朝飲んでいますが、オーガニック製品のインスタントコーヒーが出たことに驚き!グリーンのキャップが目立ちますね。原産地はペルーだそうです。
右のアイスコーヒーは業務用で、こちらもとてもおいしかったです。

8db8639be89c47dc3839cc5520162161_s
(写真はイメージです)
インナービューティの追求に、身近なビューティーフードがありますよね。ビューティーフード講座のテキストでも書かせていただきましたが、ビューティーフードは抗酸化栄養素が中心となっています。野菜の抗酸化力については、以前もセミナーなどでお話しましたが、様々な研究が行われています。
EXPOで出会ったのが、「野菜の“健康診断”」という新しいものでした。トマトなど野菜の抗酸化力を“数値化”して、さらにそれを元に農作物を生産するという新しいモデル!糖分や塩味なども緻密に計算されて、データに基づいた農作物なので、まさに写真のようなトマトを試食させていただきましたが、とても味に深みが出ていて、本当の意味で「健康に良い」ということが実感できますね。
まだ農業分野のみですが、最近のマイブーム?がこれまでにない視点の“数値化”というところなので、今後美容にも応用できないかと模索しています。

美容も健康も、原点回帰やそれに相反するような新しい価値観が多様化してきたことが伺えます。
オーガニックの未来にあるものを見据えて行く必要もあるのではないでしょうか。