068 【Specialist Column】 by尾﨑冨美 『MakeUp in Los AngelesとLuxe Packのコラボ、B to B向け展示会現地レポート』

私達が常日頃、何気に使っている基礎化粧品やメイク品の数々。その箱や容器、色、デザイン、パレットの形や材質に気を留める機会がなかなか無いと推測する。然し、我々が化粧品を選ぶ決め手として、使用感やブランドの知名度、口コミなどが大切である以上に、実は第一印象を飾る容器やパッケージングにも、購入へ結びつける要素が十分にあるに違いない。

 

今回は化粧品業界の裏の裏を探るべく、今年で3回目を迎えるB to B向け展示会のMakeUp in Los Angelesと、初登場のLuxe Packが合体し、ロスアンゼルス空港から北へ20分のサンタモニカ市にあるBarker Hangar展示会場へ足を運んだ。

 

 

会場内

計2日間の開催で、約3900以上の業界関係者が参加。メイクアップ専用品のパレットや容器、外箱専門業者はMakeUp in Los Angelesに約75社以上が集結し、基礎化粧品容器専門の業者はLuxe Pack側へ50社以上が展示会場を盛り上げた。展示業者の殆どが、中国や韓国メーカーが独占。色、形、材質、ペットボトル、ポンプの形式やリップの容器など、基礎化粧品やメイク品の製剤(ワックス、ゲル、クリーム、粉、液体、固体など)によって緻密なデザインにこだわる大手美容メーカーを、デザインコンセプトから製造過程までを影で支えている。更に百貨店の化粧品売場で見かける大々的なディスプレー業者も多数参加。

世界中からの化粧品メーカーによる商品や希望に合わせて特別注文ができる交渉の場が繰り広げられた。

 

百貨店ディスプレーのサンプルは中国のメーカーより製造

日本でもお馴染みの大手化粧品メーカーをクライアントに持つ業者のブースにて


同コラムでも以前紹介したIndie Beauty(英語で「Independent=独立」の略、少ないSKUでの独自な製造にこだわる)。ここ西海岸でも沢山のIndie Beautyブランドが引き続き人気上場である。環境面で持続可能な容器の開発が注目を集める中、デジタル・ソーシャルメディアの影響も大きく、トレンド的な話題の配信率と注目度が美容業界でも揺るがしている。シンプルで控えめ、かつ斬新なデザインをリサイクル紙や環境によりPVC削減(ポリ塩化ビニル包装資材)で製造されたエコなパッケージングが特徴のIndie Beautyに合わせて特別な紙や新素材にこだわったLA発のパッケージング業者も多数展示。更には化粧品を塗布する際に利用するブラシやスパチュラ、チップなどのトレンド発表や、外箱・容器メーカーに贈られる授賞式も行われた。引き続き美容パッケジング業界へ更なる期待が高まる。

 

正しいパッケジングの選択肢についてレクチャーするIn.Signes代表のMartines氏

星の数ほどある容器の世界は奥深い


【参照サイト】

MakeUp in Los Angeles: https://makeup-in-losangeles.com/losangeles-en/

Luxe Pack:  http://www.luxepacklosangeles.com/

 

【開催場所情報】


The Barker Hangar

3021 Airport Avenue

Santa Monica, California 90405

http://barkerhangar.com/

 

【出典】

Gearing Up for MakeUp in Los Angeles’ Third Edition

BEAUTY PACKAGING MAGAZINE December 2017, page 80


Luxe Pack Launches West Coast Edition

BEAUTY PACKAGING MAGAZINE December 2017, page 81

(TEXT/尾崎冨美)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中