065【Beauty TIPS】(Lecture)もっと身近に!世界が注目する “スーパーフード”からキレイを見直そう

業界が注目するトレンドのひとつである“スーパーフード”。定義が明確でないのはご周知のとおり。最近では、beaute d’Orが提唱する以外でも、ビューティーフードに近しい考え方が台頭している。
インナービューティー先進国より、2018年の注目“スーパーフード”トレンドが発表!これまで定番だったココナッツ関連製品や、昆布茶など日本古来の“スーパーフード”までも注目されつつあるが、より身近な食材が目立っている。

これまで“スーパーフード”は、一般的に、海外の珍しい食材で栄養価に優れているものとカテゴライズされるケースが多いようだが、最近では、発酵食品やアボカド、サケまで、日本で馴染みのある食材や身近な食材が出てきている。
注目すべきは、“スーパーフード”の範囲が広がったというより、「ビューティーフードIQ120」でも紹介しているように、古来よりスーパーフードという考え方は存在して、珍しいものだけでなくより一般的になってきたということであろう。
このことから、美容アナリスト長井美有紀氏は「“スーパーフード”としてではなく、ビューティーフードを見直すことが大事」と述べる。

ヨーグルトなどでお馴染みの発酵食品やアボカドのほか、日本でも身近で自分に合ったビューティーフードを見つけてみよう。

2018年ビューティーフードトレンドは、ビューティーフードIQ120のフォローアップメルマガにて。

 

出典:『nutraceuticalsworld』

★「インナービューティーへの原点回帰」のヒントに!
長井美有紀著『“スーパーフード”ブームが寄与した新しいインナービューティーの要素とは?』
https://asqmii.com/jijico/2018/01/02/articles29596.html
*業界の方・一般の方問わず、ご覧いただけます。